新千歳空港から15分!「日本最大級の淡水魚水槽」に癒される、道の駅併設の水族館|函館空港 / 新函館北斗駅前 レンタカー タジマレンタルステーション
  • HOME
  • アーカイブ
  • 新千歳空港から15分!「日本最大級の淡水魚水槽」に癒される、道の駅併設の水族館

新千歳空港から15分!「日本最大級の淡水魚水槽」に癒される、道の駅併設の水族館

新千歳空港から15分!「日本最大級の淡水魚水槽」に癒される、道の駅併設の水族館
更新日:
2022年4月18日
カテゴリ:
おすすめスポット

「サケのふるさと 千歳水族館」があるのは、新千歳空港から車で15分ほど、JR千歳駅から徒歩15分ほどの場所に位置する、道の駅「サーモンパーク千歳」の敷地内。建物のすぐ裏手には千歳川が流れています。

「サケのふるさと 千歳水族館」に入ると、淡水魚の水槽としては日本最大級!『サーモンゾーン』がお出迎え。深さ5m・水量約300トンの水槽など、3つの大きな水槽が並びます。サクラマスやギンザケ、幻の巨大魚といわれるイトウなどのサケの仲間や、チョウザメなどなど……! たくさんの魚たちが悠々と泳ぐ姿を見ることができますよ。

『支笏湖ゾーン』にある直径7.2mの円形の水槽では、支笏湖の水中を再現。支笏湖は、過去に何度も水質日本一になったことがあり、その美しさは『支笏湖ブルー』と呼ばれるほど。
青く輝く水槽の底には、バイカモやリュウノヒゲモなど緑色の水草が揺れており、その周りをヒメマスやアメマスが群れで泳いでいます。

同館最大の特徴は、日本初だという『水中観察ゾーン』。こちらのゾーンは建物の地下にあり、縦1m×横2mの7つの窓から、なんと千歳川の水中を見ることができるんです!

ほかにも、生き物との触れ合いが楽しめる『体験ゾーン』や、水鳥・カイツブリの潜水が見られる『カイツブリ水槽』、世界各地に生息する淡水魚を展示した『世界の淡水魚ゾーン』など、珍しい展示・体験がたくさんあります。

見どころたっぷりの「サケのふるさと 千歳水族館」。お休みの日などに、ぜひ足を運んでみてくださいね!

オススメの関連記事